母乳が出ないときの対処法

落ち込む女性

母乳が出ない原因を特定するためには長い時間を要しますが、主治医と相談をしながら、適切な対策を考えることがポイントです。また、健康状態を改善したり、ストレスを解消したりすることで、母乳の出やすい体作りに取り組むことも良いでしょう。

Read

出すためにできることから

悩む女性

血流改善とリラックス

赤ちゃんが生まれたときに、母乳が出ないと、今後の育児に不安を抱えてしまいがちです。出産直後に母乳が出ないのは、当たり前のこと。赤ちゃんが吸うことで、出ない状態から徐々に分泌が促されていきます。しかしお母さんの体調が整っていなければ、どれだけ刺激を与えても、母乳そのものが作られないという状況も考えられます。自分にできることから始めたいと考える方にお勧めなのが、タンポポ茶です。タンポポの成分が配合されているお茶で、味も良く、女性の水分不足を解消してくれるというメリットがあります。タンポポには、血流を改善する効果があるとされており、冷え症を改善してくれます。母乳は血液から作られるもので、当然血流が滞れば、母乳は作られにくくなってしまいます。普段から「自分は冷え性だ」という自覚がある場合、特に積極的に摂取すると良いでしょう。タンポポ茶は、健康食品の一つとされており、医薬品ではありません。自然由来の成分で、赤ちゃんにも安心という特徴があります。お茶以外にも、コーヒーや紅茶など、さまざまな製品が発売されているので、好みの物を見つけてみてください。食事と一緒に飲むのも良いですし、疲れたときにリラックスするために飲むのも良いでしょう。心を落ち着けてくれる効果もあります。母乳が出ないと悩んでいた人の中でも、摂取しながら授乳を続けることで、問題を解決できたという方も多くいますから、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

血液の質と血行を改善

赤ん坊

母乳が出ない原因は、血液の質や血行が悪いことにあります。そのため母乳の出を良くするために、多くの人が良質な血液を作るヘム鉄や葉酸、血行を良くするDHAやEPAのサプリメントを飲んでいます。ただし、毎日の食事でもこれらをしっかりと摂取することが大事です。また、運動で血行を良くすることも効果的です。

Read

授乳期に摂取すべき栄養素

赤ちゃん

授乳期の母親は葉酸を摂取することで、造血作用を得られ、母乳分泌促進につなげられます。しかし、食物から摂取しにくい栄養素であるので、母乳が出ない場合はサプリメントで補うことが勧められています。また、葉酸を含む良質な母乳を赤ちゃんが摂取すれば、健康的な成長を促せます。

Read