授乳期に摂取すべき栄養素

赤ちゃん

葉酸で良質な母乳を作る

母乳の分泌量を多くすると言われている葉酸。母乳が出ない、または出にくい人が摂取すれば母乳分泌の促進につなげられる栄養素です。授乳期の母親にとって母乳が出ない理由は、ライフスタイルやストレスなど様々ありますが、その中に葉酸不足も指摘されています。葉酸とは、ビタミンB群に属す栄養素で、日々の食事に使用される食物にも含まれており、身近な栄養素と言えます。しかし、葉酸は水に触れると溶け出してしまうので、食事からは十分に摂取しにくい難点が。このため、妊婦や母乳が出ない母親は葉酸を含むサプリメントの摂取が近年勧められているのです。葉酸は赤血球をつくり出すのに重要な役割を持つ栄養素で、血液である母乳の分泌量に対し影響があります。また、母乳が出ない状態を続けて赤ちゃんの葉酸摂取量が少量であると、細胞分裂に影響し成長しにくくなるなども指摘されているのです。一般的な粉ミルクにも葉酸は含まれています。しかし母乳には赤ちゃんをウイルスやアレルゲンから守護する免疫物質が含まれているほか、胃腸に優しく栄養がスムーズに吸収される性質があるので、赤ちゃんの良質な食事と言えるでしょう。母親が葉酸の必要摂取量をカバーして良質な母乳を豊富に赤ちゃんへ与えることは、赤ちゃんの発達や健康に良い影響を与えるのです。さらに、葉酸は子宮の回復力をサポートするなど、産後の母親に対しても効果的と言えます。何より、母親の体が健康でないと母乳は多く出ないでしょう。とは言え、過剰摂取は禁物。サプリメントであれば必要摂取量を確認しながら葉酸を効果的に摂取できます。